保育/食育紹介

食育について | 大切にしていること | 体育あそび | ひかりの子文庫

保育/食育紹介 私たちが大切にしていること

私たちが大切にしていること

ひかりの子幼稚園では、してみたい遊びを自分で選んで取り組む遊びと、クラスみんなで取り組む活動や遊びの2つの形があります。

ひかりの子幼稚園では、1してみたい遊びを自分で選んで取り組む遊びと、
2クラスみんなで取り組む活動や遊びの2つの形があります。

  • してみたい遊びを自分で選んで取り組むあそびは「自由あそび」「コーナー活動」と呼ばれ、コーナーには造形あそび、絵本、様々な木製積み木やブロック、汽車、ビー玉ころがし、自然物などが用意されています。
  • クラスみんなで取り組む活動は礼拝、歌や楽器あそび、劇あそび、リズム遊び、体育あそび、ゲームなどがあります。

ひかりの子幼稚園では、この両方の活動を組み合わせた保育を進めています。

どちらの遊びや活動をを選んでも、その中でお互いの存在に気づき違いを認識します。
その中で話し合ったり、お互いの違いを理解し、尊重する心を育みながら共に育っていく子どもの姿を大切にしています。

保育/食育紹介 食育についての取り組み

食育についての取り組み

食べることは生きること。
魂と心と体を育む人間の営みです。

食材は地産地消を基本にしながら、より自然、より安全な材料で、
素材を生かした味付けで調理することを追求しています。

ゆったりとした雰囲気の中で、家族として交わりながら、
共に食卓を囲むことで、人として本当の優しさや、力強さを育てます。

「いただきます」「ごちそうさま」という日本の伝統的な作法や、
食習慣を大切にした食卓づくりによって、子どもは落ち着き、健康状態も良くなることを大切にしています。

旬の素材を使った「ごはんとおみそ汁の日」を設けています。

自園の畑で、より自然な形で野菜や果物を作っています。(いちご・えんどう豆・
玉ねぎ・じゃがいも・きゅうり・ゴーヤ・ピーマン・大根・さつまいも・キーウイ・ブロッコリーなど)

収穫を楽しんだり、調理しているところが見えたり、匂いをかいだりして、調理員さんや、
畑で作ってくれた人への感謝の気持ちを表して食べるなど五感を育てています。

保育/食育紹介 体育あそび

体育あそび

体を動かすって楽しい

体を動かすって楽しい

基礎体力作りを中心に成長に合わせた活動(とび箱・鉄棒・マット・
パラバルーン・プール遊び・なわとび・ボール遊びなど)を
YMCAの専任講師が行っています。

保育/食育紹介 ひかりの子文庫

ひかりの子文庫

絵本の部屋があります

子ども達の心を育むものとして絵本を大切にしています。
毎日の保育の中での絵本の読み聞かせをはじめ、
親子で絵本の世界を楽しむことを願い、
毎週1回子どもが自分で好きな絵本を選んで持ち帰っています。

絵本の部屋があります